2013年03月17日

FAS3 予選を終えて



色々なところでお祝いの言葉を頂きました。ありがとうございます
この場を借りてお礼とさせていただきます

これから本戦も始まるということで羽について少し触れようかな、と。


今回、羽選択をするにあたっては
実際、高A3羽や先行がある程度高い羽も良い成績を出していたので
そのような羽を強化、調整して出すことも考えました。

例えば

せをびなシド づヅケヂぬヤ ぐヂさにぜ ヅばこなツき ヤドままスの ヅきこぜぃ

や、この羽の自在性をある程度下げ、加速を上げるような配合をすることなどですね。

しかしルール改正で先行を大きく削った瞬加型は前回よりも活躍しづらくなったのを受けて
それでもこれだけできるぞ、というのを見せたかった思い
組み合わせに1羽くらいキスオブファイアのような羽がいる面白さ
前回の心残り、後は個人的な好みが最終的に勝る形となりました。


1つの型でも満足のいく羽の生産と検証を両立するのは難しかったので
同じカップリングからできる2つのタイプの瞬加型を出そうかなと



ダブルスタンダードは浮力を利用せず自力で戦うタイプの瞬加型を想定
この場合、瞬発力はもっと必要で 100,195,160 というのを生産時、目指していました

バなよドビヅ ぇヅオヂりこ すヂけづご ヅすりヅンき ワりムせちき ヅきくウヅ
ぎせやスアヅ ぇヅビヂずフ ヅヂけヅご ヅどらヅチジ トちモとソヅ ヅききザぃ
レかかヅドヅ ワヅデヂヂつ ヅかくヅげ ヅバらヅガロ がヅちデけヅ ヅきヂじぃ

A4、A5では瞬加型の利点でもある抑えられる自在性を削って浮揚効果を狙います




イバラキドウジは、前回のピーパタをルールに合わせ数段強化した羽です。
(まあ、オリジナルに負けることもありますけどね・・)
動画でかかり羽を追いかけていたスピッツベルゲンや酒呑童子のように
大きなハンデをもらいやすい羽で面白い最終コーナーを演出できたら
とも思ったのですが、そちらはなかなかうまくいきませんでした。

リボめてきれ オがきヂゆデ ぁかしビず ヅせやざぶヅ サケぇせだそ ヅきこにぃ
ササみがビダ ヲヅクヂきエ ヅかモびず ヅリゆぜぞド ぃとネすオヅ ヅきけヴヅ
がデヅデビデ こデヅヂブめ ヅかきデざ デほダデげル せデぬデけヅ デきかたぃ


3羽目はニクが出ていた羽です。
生産過程で出た羽も記事にしておきました(EXが終わった後で表示する予定)



ともあれ、EXも残すところ決勝のみ。
10枠もらえれば1度はあれが見られるかとも思ったのですがなかなかですね

まあそのような思惑、悲喜交交は人それぞれあるかとは思いますが
結果如何に関わらず、残りのレースも楽しめたらなと思っています

同組になった方、よろしくお願い致します



posted by とんぼ at 03:57| Comment(2) | チョコボスタリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

FASGP3 予選3レースを終えて



早いもので3月も始まってもう10日、大会も第3Rまで終わりました。


うちのは結果こそ良い様なものの

inスタートの2R以外は外に流されるというなかなか難しい展開です。

細身になったというのに、追い越し方がスマートじゃない。位置取りも賢くないです。


それはそれとして


今回はレースで特に印象に残ったシーンをいくつかを取り上げてみようかなと。





第1R




フレッシュオールスターGP3 オルクレアティフ表彰.jpg
 

動画時間 6分30秒 金羽オルクレアティフの表彰

金羽3羽にも驚きましたが、A3の高さもさることながら
表彰式が見られたのにはさらに驚かされました





フレッシュオールスターGP3 予選1 ダブルの暴走.jpg


8'30 ダブルスタンダード 初回のやらかし

今回ダブルスタンダードは暴走率が66%というとんでもないことになっていますが
実は1Rの暴走はあおり癖がよく起こす早仕掛けというものです。
タイムが却って落ちる場合もあるこの出遅れですが
この場合も能力加算は行われているようです。




第2R




フレッシュオールスターGP3 予選2 音のバグ.jpg



2'40 音のバグ (第2RのEグループ最終コーナー)

スパート画面でのつながりがおかしかったりは時々起りますが今回は音。
後、密林長距離のカメラワークは謎です




フレッシュオールスターGP3 予選2 もぐりこみスパート.jpg

5'58 先頭のムラサキノ 後ろへのもぐり込みスパート

4'50 スノーフェアリーの出遅れ
5'10 コヨコヨサンダーがかかって先頭
5'34 ムラサキノ かかりで先頭を奪取
6'20 モウイーヤとイバラキドウジのデッドヒート

といった見どころが満載のレース。
ラストに目が行きがちだが、このレースで特に注目なのが
瞬加型でありながら、かかり癖で先頭をとったムラサキノの走り。
そのまま最高のスパートを切るかと思いきや、なぜか先行羽に邪魔され後ろに回されてしまう。
最後の競り合いはイバラキドウジが負けたようにも見えるが・・・。





第3R




フレッシュオールスターGP3 予選3 hip attack.jpg


14'25 スペッサルティン ヒップアタックからインスパート

赤い羽が横から黒い羽に体当たりして自ら作った隙間からスパートします。
そんなのってあり?という絶妙なしかけです




次の4Rは±12内の羽のA3がほぼ同じになる回。
範囲を大きく越える羽や自在性の高い先行羽、低A3瞬加型が活躍しそうです。
ダブルスタンダードは外枠ということもあり順位を落としそうですね。
イバラキドウジは得意なハンデということもあり頑張ってほしいところです。




posted by とんぼ at 18:17| Comment(7) | チョコボスタリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

フレッシュオールスターGP3 出走羽紹介




フレッシュオールスターGP3 羽紹介.flv_000380516.jpg



double standard
クぼませドが ダスキヂはげ なヂしちぜ びぁらづがン ドれろづださ ヅきしデぃ
先:96 長:107 瞬:185 持:130 底:150 自:60 加:170
HP:105 A3:150 周:右左 温:なし 祭:13
名付け:予選と決勝、有利不利が異なる基準でも共に頑張ってほしい



底力と持続力が跳ねる。1/4の確率でクロス病にかからなかったのも救い。





フレッシュオールスターGP3 羽紹介.flv_000388516.jpg



茨城童子
ラぶゆくビダ ろヅボヂのデ なかモびぜ ヅバゆぜぇゼ ヒりらドソさ ヅきさわヅ
先:69 長:88 瞬:191 持:96 底:128 自:72 加:155
HP:97 A3:138 周:右 温:暑 祭:13
名付け:暴れ狂う鬼の如き走りを



コメントの兄貴というのは親分の酒呑童子のこと。
伝説上では盗賊の頭領だったり、鬼だったりする。
羽もいたのだが弱かったので代わりに出走。
兄貴は置いてけぼりにしたものの、自身は後ろからみんなを追いかける





※パスは最大能力時のもの



posted by とんぼ at 20:11| Comment(8) | チョコボスタリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。